キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

論述試験

(論述試験)目指せ40点!(6)

論述試験の配点は50点、面接試験が100点で、実技試験の合計点は150点。得点率60%、90点取れば合格です。ですが、試験は同日ではなく先に論述試験が行われるという点に着目してみますと、論述試験の出来栄えが面接試験に少なからず影響を与えるということが懸念されます。

もし、論述試験で40点取れれば・・・、面接試験は50点取ればいい!ということになります。ご報告いただいた当会の受講生で面接試験が50点未満という方はほとんどいませんので、ほぼ全員めでたく合格、資格取得ということになりますが、面接試験で50点取れればいいと思えること自体が心理的なゆとりを生み、落ち着いて相談者(役)に向き合えるようになるのではないかと思います。

一方、論述試験の出来が悪かったら、面接試験で挽回しなければならないとムリに力が入ってしまう心配があります。

まあ、点数評価は合格発表時点でしか分かりませんが、論述試験の感触といったものは無視できないと思われますので、是非、40点以上を目指して論述対策に取り組んで頂ければと思います。


さて、JCDAの最後の出題:問い4は、「事例Ⅱのやり取りの後」「どのようなやり取りを展開していくか」「理由を含めて、具体的に」答えさせる出題です。

一つひとつ見ていきましょう。まず「事例Ⅱのやり取りの後」という点ですが、解答文は事例Ⅱの最後の部分に触れるところから始めます。最近の傾向は自分自身の問題について「気づき」が見られたシーンで終わっていますね。

気づきというと、いままで正しいと思ってきたことに少し疑問を感じるようになった、そんなケースがほとんどの様です。そうしますと、そうした気づきを明確にした上でどうするのが、あるいはどうなるのが良いのか、新しい考えや価値観を再構築するステップに進んでいきます。

「どのようなやり取りを展開していくか」については、例えば「消極的」というネガティブな気づきであったとすると、その反対語を思い浮かべてみると分かり易いかと思います。この場合は「積極的」ということですね。積極的とはどういうことか?などをテーマにしていくと、望ましい方向性が見えてくるでしょう。一つのヒントとして覚えておいてください。

最後に「理由を含めて、具体的に」という条件ですが、まず「理由」については、気づきを起点として「ネガティブな気づきだったので、自分で選択し自ら決断していくためにはポジティブなものの見方が必要」という観点から記述していけばいいかと思います。

また、逐語における相談者の言葉を引用すれば「具体性」も加味できます。このようにして解答文を作成していけばいいのではないかと思います。

繰り返しになりますが、解答文は、気づきの部分にまず触れ、その具体的な相談者の言葉を引用し、ネガティブな点を明確にすると共にポジティブな新たな考えを再構築する方向を目指す旨をしっかり記載します。

そして、問い3で、自己理解・仕事理解面等も問題として取り上げていたら、同時に自己理解や仕事理解を深める点も触れておくと良いでしょう。
以上です。論述試験、40点以上を目指してがんばってください。


【キャリコン実践研究会】

 今後、解答例の提示も考えていこうと思っていますが、実現までには少々お時間を頂きたいと思います。

ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。  

(論述対策)目指せ40点!(5)

論述試験は時間配分も大きな要素です。途中で引っかかったり解答主旨がまとまらないと、いたずらに時間が過ぎてしまい焦りを呼んでしまいます。

従って、合格点以上を目指すためには答案練習が欠かせません。試験日が近づいて来たら毎日50分の試験環境を作り、実際に答案を書いてみましょう。キーボードに慣れた生活では、鉛筆で文字を書くこと自体が課題になることだってあります。

出題は過去問3年分がネットから入手できますので、その出題及び解答用紙を使います。解答スペースを考慮し、はみだしが無いか、採点者に見やすい答案になっているかもしっかりチェックします。

同じ答案を何度解いても構いません。得点レベルよりもより洗練された答案に仕上げるという視点で練習すれば、きっと本番での実力発揮につながると思います。欄外やメモ用紙の活用、出題文へのマーキングなども工夫してみてください。


さて今回はいよいよ協議会の最終問、設問4です。「設問3で答えた内容を踏まえ」「今後、どのような方針で」キャリアコンサルティングを進めていくかを答えさせる出題となります。

信頼関係が構築され、ある程度お話を聴くことができ、相談者の問題も見えてきた。さてここからどのように面談を進めていくか、その時点での設問ですね。

まず「設問3で答えた内容を踏まえ」ということですから、明確にした相談者の問題に向き合うことから書きはじめます。設問3と違って解答スペースも十分ありますので、設問3で言及しきれなかった点を書き加えても良いかと思います。

事例によって一概には言えませんが、設問3の解答主旨が自己理解、仕事理解だとすれば、まずそれらについて触れます。例えば、一番差し迫った問題が、自分の役割についての偏った見方だったとすると、まずそうとは限らない点を理解してもらうやり取りから始めます。

そして、確かにそうとはかぎらないなあと偏った論理に柔軟性がでてきたら、改めてご本人の本来の姿に気づき、自己理解を深めてもらうという展開を想定します。つまり自分の強みや能力、興味関心に気づいてもらい積極的に取り組んでいけるような土台を作っていくわけです。

次に「今後どのような方針で」という点ですが、方針とは「進むべき方向」ですから、展開でもいいしステップと考えても間違いはないと思います。

言い換えれば、「相談者が相談したい問題」に応えられる当面のゴールを示すということにもなります。そして、それは相談者に合意してもらえるものでなければいけません。

以上のような視点で解答文を作っていけばいいかと思います。設問3と設問4はひとつの出題と考えて、トータルで、相談者の問題/その根拠/今後の対応方針を答えていく。この流れは面談でも試される展開ですので、しっかり押さえておきましょう。
(つづく)

 
【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。 

(論述試験)目指せ40点!(4)

論述試験の難しさは、時間内に解答文にまで書き上げなければならないことですね。問題文の読解力、相談者の背景や問題点についての洞察力、そして解答文を作成する文章力ですから、考えてみたら脳みそフル回転、体調なども影響し、論述試験は人間力総動員で対処しなければいけない大イベントです。

そんな論述試験でなんとか80%以上の得点を取っていただきたいと、私なりにコメントする第4回目です。


今回はJCDAの問い3で、「全体の相談者の語りを通して」「(キャリコンが考える)相談者の問題」を「具体的な例をあげて」答えさせる出題。

JCDAが考える「相談者の問題」は明確です。すなわち、”自己概念が絡む問題”で、自己概念というと、考え、経験、価値観に関わるものということになります。

ここで、考え、経験、価値観というと複雑になりますが、経験から考えは作られますし、考えも信念に近いようなものになりますと価値観ですから、受験対策上は「相談者の問題は経験から導き出された強い考え」とシンプルに捉えてもいいのではないかと思います。

強い考えは信念であり、それが問題につながっているとなると非論理的な信念で「思い込み」です。論理療法などを考えるとよく分かると思います。

さて、考え(思い込み)と言ってもちょっと曖昧ですね。もう少し具体化しましょう。それは相談者をとりまく(環境)事象に関する考え、言い換えれば「ものの見方」にもなります。

ものの見方は「相談者の語り」に現れます。従って出題条件に沿って相談者の語ったフレーズから該当部分を取り上げ、「~という語りから、~という思い込みがあると思われ、この点が相談者の問題である」とし、可能であればその非論理性についても言及すればいいのではないかと思います。

尚、最近、JCDAも少し協議会側にシフトしているのかと思わせることもあり、必要に応じて自己理解や仕事理解、その他コミュニケーションやキャリアプランについて触れておくのもいいかもしれません。(ご参照:当ブログ「(論述試験)目指せ40点!(3)」)

但し、JCDAは経験代謝という独自のアプローチを持ち、相談者の語りの「意味」を重視します。そして、その「意味」を解明するために「感情」を手掛かりにして問題に迫ります。こうした点を頭に入れ、相談者の問題の中心として相談者の「考え」を押さえておくことを忘れないでください。
(つづく)

 
【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。

(論述試験)目指せ40点!(3)

キャリアコンサルティング。面談中はいろいろなことが起きます。例えば、相談者とのお話がうまくかみ合わない時、コンサルティングに迷うこともあります。どうやって本来の姿に戻していくか焦る場面でもあります。キャリコンも人間ですから、いろいろ手を打ってもますます深みに・・・。

そんな時、何が頼りになるか?というと、理論的な理解です。そのような意味で、論述の勉強は実技試験の基礎になりますのでしっかり押さえていきましょう。


今回は、協議会の設問3で、①あなたが考える相談者の問題と②その根拠を相談者の言動を通じて答えさせる出題です。いよいよ核心に入ってきました。

協議会の「キャリコンが考える相談者の問題」(以下、相談者の問題)は、技能士検定などからも分かるように、厚労省「キャリア形成の6ステップ」に沿ったものとわれわれは考えています。

6ステップは、1)自己理解→2)仕事理解→3)啓発的経験と続きますが、最終ステップ6)仕事への適応に向けて、前提となるのは自己理解と仕事理解です。この2つはステップ分けされていますが、車の両輪のようなもので、多くの相談者がつまづいているところです。

事例からすると、コミュニケーションが問題だったり、将来が不明確でキャリアプランに問題があると思えることもあるでしょう。

ですが、自己理解・仕事理解があってのコミュニケーションでありキャリアプランであるとプロは考えます。これが合格者に求められる視点です。

余談になりますが、JCDAの「問題解決(志向)」は事柄のみに着目した表面的な対処で相応しくないもの。協議会ではこのように用語によって明確化されたものはありませんが、私はコミュニケーションやキャリアプランのみを問題にする視点に表面的な対処を何となく感じます。こうした意味で、両機関共々、出題や評価の違いはあっても、キャリアコンサルティングに対する本質的な立場は同じなのだと思っています。

さて、「①相談者の問題」を答えるに当たって悩ましいのが、解答スペースです。2行しかありません。(どうやって書けって言うんだ!と叫びたくなりますが、そこは落ち着いて、節度を持って・・・)裏を返して出題者の意図を考えてみると、相談者の問題はそれほど詳しくなくても着眼点さえ分かればいいよ、理由は別に書いてもらうしね、といったものかもしれません。

まあ、いづれにしても時間内に解答文にしなければいけませんので、ここは覚悟をもって解答作成を進めましょう。

作戦としては、まず自己理解面を、次に仕事理解面を書く、事例の内容に沿ってコミュニケーションやキャリアプランのウエイトが高ければそこにも触れるという構えが成り立つかと思います。

「②その根拠」もスペースは3行です。以前は①と②が同じスペースでしたので、それなりに自由度も高かったのですが、スペースが分かれたことで書きにくくなった面もあります。

また、②は「相談者の言動を通じて」との条件です。ここは「相談者の問題は相談者の言動に現れる」という原則が思い浮かびます。従って、問題を連想させるフレーズ(言動)を抽出し、自己理解、仕事理解、その他(コミュニケーションやキャリアプラン)に分類していきます。

その上で重要度に沿って解答文に載せていけばいいのではないかと思います。

尚、解答スペースを考えると、「①相談者の問題」を一番問題だと思っている点に絞って記載、「②その根拠」は絞った問題点のみの根拠とする手もあるかと思います。確かにこうすれば解答文も作成し易くなりますね。

但し、技能士検定も含めて協議会の採点傾向を考えてみますと、一点集中的なものよりも多角的な視点を重視しているのではないかと思われます。ひとは複雑で多角的な存在です。問題はひとつではなく、複合的なもの、いくつかの問題が作用し合ってそのひとの問題を形成している!との声が私には聞こえてくるのですが・・・いかがでしょうか。

あれこれ悩ましいところをお話してきましたが、解答文は事例記録の内容次第です。内容に沿って、自己理解・仕事理解面で相談者の問題がはっきりしているのであればその点(「その他」の面はメインとして取り上げない方がいいかと。)を、いろいろ問題が有りそうだなと思ったら多角的に自己理解+仕事理解(+その他)を取り上げてみたらどうでしょうか。(解答例作成の際、出題回によって私もどちらにするか迷うことが稀にあります。)
(つづく)


【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。

(論述試験)目指せ40点!(2)

国家資格キャリアコンサルタント試験の論述試験において、50点満点中40点以上を目指していただきたいとの思いから書き連ねる第2弾です。

受験生の中には、論述は70%、つまり35点取れればいいやとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、論述試験への理解は面接試験に大きく影響しますので、仮に論述試験70%得点に相当する理解レベルですと、面接試験では合格ギリギリになってしまうことも懸念され、苦しい戦いになってしまう心配があります。

論述試験対策は面接試験対策でもある!ということをしっかり頭に入れて、理論面、実践面から実技試験突破のための真の実力を養っていただきたいと思います。


では、今回はJCDAから。問い1は、2つの事例の違いを指定語句を使って答えさせる出題です。この形式はかなり前から続いていますので、すでに対策を立てていらっしゃると思います。指定語句自体も何度も出題されているものがあります。まずは出来るだけ遡ってその意味を確認しておいてください。(ご参考:「論述試験のポイント整理」)

ふたつの事例の違いは、大胆に言えば、相応しい対応と相応しくない対応だと思います。過去の例からすると相応しくない対応が最初に来て、2つ目の事例が相応しいものでしたが、逆の順番で出題されたこともありますので、注意してください。

事例の違いは対応の違いと問題文にあり、出題内容から相応しい対応か否かと申し上げましたが、だとすると、指定語句をどのように使うか、つまり、(何度使っても良いと記載があるものの)どちらの事例の説明に使うかということを最初に決めてみましょう。

こうした手順からも指定語句の理解が得点率アップのための前提条件になります。例えば、「問題解決(志向)」とは、事柄のみに着目し事柄の解決のみを図ろうとするキャリコンにとって相応しくない対応とJCDAでは考えていますので、この点を知らないと大変ですね。

さて、指定語句の振り分けが決まったら指定語句のみで解答の骨子を作ってみます。

骨子が出来たら、それぞれの事例の中からキーワードとなる具体的な言葉やフレーズを使って解答文にしていきます。この様に指定語句の理解をベースに解答を組み立てていけば、さほど時間を掛けずに高得点が期待できるのではないかと思います。


続けて、JCDAの問い2で、各事例の中のキャリコンの応答について、相応しいか相応しくないか、その理由と共に答えさせる出題です。

これは、問い1で、各事例についての対応の違いが見えていれば判断は難しくないですね。理由についても、問い1でそれぞれの対応の違いを評価した視点で解答を作れば良いということになります。

こうして見てきますと、問い1と問い2はセットになっているような感じがします。事例を読みながら、キャリコンは何に焦点を当てているのか、そんな意識で問い2まで一気に解答を進めるのが余裕を持って論述試験を終える近道かと思います。

尚、問い1で、事例の違いは相応しい対応か相応しくない対応かの違い(勿論、解答文の表現は内容によって変わると思います。)と書きましたが、場合によっては先に事柄を確認していく展開とか感情が強く出ている場合には感情の反映から展開していく場合などいろいろ考えられますので、先入観に陥らないようにしてください。このような場合には、問い2が、相応しいか否かという設問ではなくなる可能性もありますが。
(つづく)


【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。

(論述試験)目指せ40点!(1)

国家資格キャリアコンサルタント試験の論述試験が近づいてきました。対人スタイルの面談試験は水もの、まずはひとりで頑張れる論述試験に全力投球してください。

詳しくは当会の論述対策用テキスト「論述試験のポイント整理」をご覧頂きたいと思いますが、各設問に沿って少し考えてみたいと思います。


ではまず協議会から。設問1は、相談の概要、つまり「相談者がこの面談で相談したいこと」を答えさせる出題ですね。そして、「事例記録を手掛かりに」という条件が付きます。

条件が付くと言うことは出題者はその点を重視していますよということです。ですから、この点をしっかり押さえていきます。

さて、「事例記録を手掛かりに」という点ですが、事例記録の内容に沿ってというだけでは不十分だと思います。ここはキャリアコンサルティングの基本を忘れず、正確な言葉使いを心掛けたいですね。

つまり、出来るだけ相談者が使った言葉を使って!というところが押さえどころです。その方が失点を最小限に抑えられ安全かと思います。勿論、解答欄は2行と記載スペースが限られていますので、可能な限り簡潔に書くことも重要です。従って少なくともキーワードはだけは正確に!と理解しておいてください。

尚、問われているのは「相談者が相談したいこと」ですから、「キャリコンから見た相談者の問題」に言及してはいけませんね。あくまでも相談者自身が考える相談ごとです。相談者が考えているということですから相談者の言葉に内容が現れます(面接試験では非言語表現も含まれますが、論述試験ですので・・・)。この点を外さないでしっかり得点してください。


次に、協議会の設問2です。これは、事例記録の中にあるキャリコンが行った質問について、どうしてその質問をしたのか? その意図を答えさせる出題です。意図、つまり、どうしてそんな質問をしたのか?

キャリコンがやってはいけないことは? 誘導、一般的解釈・・・、ですから、何々させるため、あるいは何々を引き出すため、なんていうキツイ表現は避けたいですね。

解答を作る上で考えなけれないけないのは、過程、つまりプロセスだと思います。そこで、みなさんお得意のシステマチックアプローチを考えてみてください。

要するに、当該の質問はシステマチックアプローチのどのプロセスに位置するのか?

過去の出題を見てみると、いくつかのケースが考えられますが、俯瞰して見ると、まず相談者との信頼関係を構築する段階から傾聴に努め、①相談者が相談したいこと、置かれた環境や状況を確認しながら、キャリコンとして考える相談者の問題を見立てていく、こうした過程が「事例記録」に載っています。

つまり、キャリコンが考える相談者の明確な問題は事例記録に無く、設問3として受験生に答えさせる仕組みになっているということです。

そうしますと、設問1で①相談者が相談したいことを答えさせ、設問3でキャリコンが考える相談者の問題を答えさせるわけですから、設問2は、”その間”に何をするか?そこを答えさせる出題と考えるのが妥当かと思います。

そうしますと、ズバリ!キャリコンが考える相談者の問題を見立てるヒントをつかむため、といった解答が考えられます。但し、これだけでは一般的過ぎて十分な得点につながるか甚だ疑問ですので、前後の状況を反映して具体性を加味し、上記のフレーズにつなげる工夫が必要かと思います。

設問1及び2は通常この様な流れですので、内容をしっかり把握し、短時間で質の高い解答を記載する練習を日頃から行っておいてください。
(つづく)


【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。

第15回論述試験・・・私感

論述試験、変わりましたね。特に協議会は、あたかも全面改定の様相です。

このため、受験生からは戸惑いの声がたくさん寄せられました。でも、こうした予想外の出来事は日常に溢れていますので、如何に早く冷静になり、日頃積み上げた実力を答案用紙に反映させるかの勝負だったような気がします。

では、第2回から第14回まで同じ形式だったのに、なぜ今回は変わったのでしょうか? 私なりに考えてみました。

試験主催者側の危惧は「最近、試験対策が普及しているせいか、みんな同じ答え方をする。論述にしても面談にしても画一的過ぎて、果たして本当に学びになっているのだろうか?」ということのようです。

こうした観点から第15回の協議会の論述問題を見てみると、1は相談ごとの全体を把握する設問。

2では「お気持ち」を質問した意図を問われています。日頃、「気持ちを訊かなければと受からない」とだけ念じてきた方には答えにくかったかもしれませんね。「気持ちを聴く」には流れとタイミング、そして意図が必要なんですね。JCDAでは感情や意味という視点からこれらをある程度説明していますが、協議会対策として盲点だったような気がします。なんとなく基本が大事!というメッセージが聞こえてきますね。

一応、口頭試問でも同様の質問が来るかもしれませんので、相談者に質問した場合の意図を答えられるようにしておいた方がいいかもしれません。

次に3、相談者の問題を答えさせる設問ですが、従来は解答欄が4行、今回は問題が2行と根拠が3行です。

問題と根拠が分かれたということは、あれもこれもと問題をいくつも答えるやり方から、「中心となる問題をしっかり捉え、その根拠を明確にする」ということに重点が移ったのではないかと思われます。

最後に4、従来の「働きかけ」から設問3を土台にした支援の「方針」を答えさせる出題。つまり、支援プランといったところでしょうか。

このように見てくると、1.相談したいこと → 2.質問の意図 → 3.問題と根拠 → 具体的な支援方針・プランという流れが見えてきます。これは、まさにキャリアコンサルティングの基本ですね。

であれば、2.の質問の意図は? 自ずと見えてきますね。つまり、相談者の問題やその根拠を見つけるためのヒント探す、といったことになるのではないかと思います。


さて、JCDAの論述試験についての変化は、4「相談者の語りを通じて相談者像を想像し、~その理由も含めて」という条件が付いたことですね。

相談者像とは性格や思考の特徴などですが、それらはその人の語りを通じて現れるという考え方、なんだかナラティブ・アプローチの匂いがしていますね。いずれにしてもお話をよく聴く!ということが出発点になります。


最後に、第15回の論述試験を総じて考えてみると、協議会では「気持ちをきく意図」、JCDAでは「相談者像(人物像)」など、「ひとに焦点」が当たっていてズバリ基本を重視しているなという感じです。そうした意味で、協議会とJCDAは共に歩み寄ってきているような気もします。

そもそも両者は、同じ試験をやってますよ、というスタンスのようですから今回のような傾向が見られても不思議はないですね。

試験に王道無し、本当の実力をつけるステージが始まったのかもしれません。

私ももう少し分析し、第16回用の論述版テキスト「論述試験のポイント整理」の改訂に取り掛かりたいと思います。

(キャリコン)論述対策!

国家資格キャリコン試験は、平均合格率から難易度を見ると、学科試験>実技試験の関係にあります。また、平均点から見ると面接試験>論述試験です。従って、ちょっと乱暴ですが、学科試験>面接試験>論述試験の順に難しいということになる?ようです。

こうしたことが背景にあるのかどうか分かりませんが、多くの受験生が学科試験対策に多くの時間を使っているのではないかと思います。

まあ、難易度からすると理解できないこともありませんが、本来、学科試験と実技試験は別物ですので、その特徴に合わせて対策方法を変えると共に少なくとも均等に時間配分する必要があるのではないかと思います。

例えば、学科試験は知識を問う試験ですから、細切れの時間を使って出来ますね。よく通勤時間を使って勉強したというお話を聞きます。

他方、まとまった時間が確保できたら是非、実技試験対策に使って頂きたいと思います。

そして、おろそかにしないでほしいのは論述対策です。確かに配点が面接試験の半分で、効果が薄いと思われるかもしれませんが、相談者の変動的要素に向き合うのではなく、逐語という変動しようのない事例が相手ですから、面接試験よりも点数が取り易いのは確かだと思います。

また、論述と面接が合算されて合否が決まるという点にも着目する必要があります。つまり、論述で40点(80%)取れれば、面接試験は50点(50%)で合格(60%)となります。

先にも取り上げましたが、面接試験には変動的要素が多々あります。ですから、50点取れればいいやと思うか、70点取らなければいけないと思うかは試験に臨むプレッシャーという点で雲泥の差があります。この気持ちの余裕が、結果的に面談を首尾良く進められる原動力になるのではないかと思います。

では、論述対策をどのように進めればいいのかと言いますと、出題された逐語を分析し、理論的に解釈し、解答を導き出すというアプローチが必要になってきます。こうしたアプローチをすることによって初めて面接力や口頭試問力の向上にもつながります。模範解答だけを見て似たような答を書くという方法では不十分ですのでご注意ください。

当会の「論述対策講座(サブテキスト付)」ではこうした視点に立って40点(80%)以上確保を目標にした対策を行っています。よろしければ是非ご活用ください。(当会を初めて利用される方は「テキストのお申込」からお願いします。)

◇キャリコン実践研究会ホームページ
まずは当会の考え方やお申込に関する留意事項等をご確認ください。
 ホームページの閲覧→「クリック

◆「テキスト」(及びサブテキスト)のお申込
 お申込→「クリック

◆「論述対策講座」(サブテキスト付)のお申込
(JCDA受験用):2月16日(水) 12:30~14:00
 お申込→「クリック

(CC協議会用):2月16日(水) 14:30~16:00
 お申込→「クリック

論述対策をしっかり

第8回キャリアコンサルタント試験の論述試験が近づいています。

必勝を目指す方、是非、論述40点以上を目指してください。面接との合計点で決まるのが実技試験ですから、はっきり言って論述で決まると言ってもいいくらいです。

出題形式はここ数回変わってませんので、対策も、し易いのではないかと思います。ですが、一部にありましたように出題の順番が変わったり、逆の設定になったりすることは十分考えられます。

いづれにしても、試験ですから何が出題されるか分からない。ですからまずは落ち着くこと! 論述でも面接でも同じですね。我を忘れた状態では良い結果にはつながらないと思います。

その上で、変化に対応できるのが真の実力です。真の実力の源は基礎・基本ですから、準備と言うのは、そのあたりをしっかり押さえておくことですね。

具体的に言うならば、面談の展開をしっかり整理しておくことです。
展開とは、
 JCDAで言えば来談目的・主訴・問題の把握
 協議会で言えば相談者が相談したい問題・キャリコンが考える問題の把握
であり、目標と方策につなげる流れです。

これらのことをよく理解し、識別できるようにしておいてください。こうした過程を経ることによって面接の力も確実についてきます。

基礎・基本を学ぶ一番のチャンスは受験時代です。ここでこうした理解を深めておくことで、資格取得後の活躍範囲も変わってきます。

試験が近づいてきた今、苦しい時期かと思いますが、この学びはきっとご自身のキャリアにとってプラスになりますので、そうした展望を持って最後の準備をしてください。

(ご参考)
(第8回用「テキスト・サブテキスト」のお申込)
キャリアコンサルタント試験、技能士試験2級対応。基礎・基本をまとめた実技試験対策テキストです。

第6回論述試験に向けて

キャリアコンサルタント第6回論述試験直前です。合否を左右する大きな分岐点となりますので、落ち着いて最後まで諦めずにがんばってください。

論述試験の50分間は、自分でコントロールできる時間です。全受験生平等の条件のもと、自分のやり方次第という試験ですね。従って、まずは時間管理をしっかりやってください。限られた時間内で的確に、素早く判断しなければいけませんが、試験問題全体を眺めた上で時間配分を決めておくといいでしょう。

回答欄からはみ出さないよう、また採点者が判断しやすい読みやすい文字および大きさで記載し、設問の主旨をしっかり押さえるのが基本です。

個々の設問や設問の流れの中にもヒントがあります。出題者は何を求めているのでしょうね。きっと、キャリコンのスタートラインに立てるか否かの判断において、最低限これだけは理解してほしい、そんなものが背景にあると思われます。

さて、過去3回、同じような出題形式が続いています。従って、今回も同じような形式になることが予想されます。一方で、3回も続いたので、今回は変わることも・・・。そうなっても驚かいないでくださいね。条件はみんな一緒ですから落ち着いて、そして、基本に沿って解答すればいいと思います。

どんな出題形式であっても、事例/逐語はきっと出てくる筈です。事例が出てきたら、まず応答をチェック! 何を語り掛け、何が返ってきているか。それが横糸だとしたら、縦糸は? つまり、キャリコンの逐語の流れと相談者のお話の流れをそれぞれチェック! そうすれば、いろいろ見えてきますよ。後は、日頃学んできたことから答を出していくだけです。

JCDAとキャリアコンサルティング協議会では、キャリアコンサルティングの手順が違いますので、その点をしっかり押さえてください。特に「相談者の問題のとらえ方」に典型的な違いが見られますので、出題の核心になると思います。

見直しの時間は是非ともほしいですね。但し、時間が足りなかったら、誤字・脱字あるいは読みにくい字の修正に留め、迷っている内容の訂正には入らない方が賢明だと思います。

では、先入観にとらわれず、素直な気持ちで、問題用紙の中に現れる「相談者」に向き合ってください。応援しています。

(ご参考)
キャリコン実践研究会』(ホームページ)
プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード