キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

2022年03月

(論述試験)目指せ40点!(6)

論述試験の配点は50点、面接試験が100点で、実技試験の合計点は150点。得点率60%、90点取れば合格です。ですが、試験は同日ではなく先に論述試験が行われるという点に着目してみますと、論述試験の出来栄えが面接試験に少なからず影響を与えるということが懸念されます。

もし、論述試験で40点取れれば・・・、面接試験は50点取ればいい!ということになります。ご報告いただいた当会の受講生で面接試験が50点未満という方はほとんどいませんので、ほぼ全員めでたく合格、資格取得ということになりますが、面接試験で50点取れればいいと思えること自体が心理的なゆとりを生み、落ち着いて相談者(役)に向き合えるようになるのではないかと思います。

一方、論述試験の出来が悪かったら、面接試験で挽回しなければならないとムリに力が入ってしまう心配があります。

まあ、点数評価は合格発表時点でしか分かりませんが、論述試験の感触といったものは無視できないと思われますので、是非、40点以上を目指して論述対策に取り組んで頂ければと思います。


さて、JCDAの最後の出題:問い4は、「事例Ⅱのやり取りの後」「どのようなやり取りを展開していくか」「理由を含めて、具体的に」答えさせる出題です。

一つひとつ見ていきましょう。まず「事例Ⅱのやり取りの後」という点ですが、解答文は事例Ⅱの最後の部分に触れるところから始めます。最近の傾向は自分自身の問題について「気づき」が見られたシーンで終わっていますね。

気づきというと、いままで正しいと思ってきたことに少し疑問を感じるようになった、そんなケースがほとんどの様です。そうしますと、そうした気づきを明確にした上でどうするのが、あるいはどうなるのが良いのか、新しい考えや価値観を再構築するステップに進んでいきます。

「どのようなやり取りを展開していくか」については、例えば「消極的」というネガティブな気づきであったとすると、その反対語を思い浮かべてみると分かり易いかと思います。この場合は「積極的」ということですね。積極的とはどういうことか?などをテーマにしていくと、望ましい方向性が見えてくるでしょう。一つのヒントとして覚えておいてください。

最後に「理由を含めて、具体的に」という条件ですが、まず「理由」については、気づきを起点として「ネガティブな気づきだったので、自分で選択し自ら決断していくためにはポジティブなものの見方が必要」という観点から記述していけばいいかと思います。

また、逐語における相談者の言葉を引用すれば「具体性」も加味できます。このようにして解答文を作成していけばいいのではないかと思います。

繰り返しになりますが、解答文は、気づきの部分にまず触れ、その具体的な相談者の言葉を引用し、ネガティブな点を明確にすると共にポジティブな新たな考えを再構築する方向を目指す旨をしっかり記載します。

そして、問い3で、自己理解・仕事理解面等も問題として取り上げていたら、同時に自己理解や仕事理解を深める点も触れておくと良いでしょう。
以上です。論述試験、40点以上を目指してがんばってください。


【キャリコン実践研究会】

 今後、解答例の提示も考えていこうと思っていますが、実現までには少々お時間を頂きたいと思います。

ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。  

(論述対策)目指せ40点!(5)

論述試験は時間配分も大きな要素です。途中で引っかかったり解答主旨がまとまらないと、いたずらに時間が過ぎてしまい焦りを呼んでしまいます。

従って、合格点以上を目指すためには答案練習が欠かせません。試験日が近づいて来たら毎日50分の試験環境を作り、実際に答案を書いてみましょう。キーボードに慣れた生活では、鉛筆で文字を書くこと自体が課題になることだってあります。

出題は過去問3年分がネットから入手できますので、その出題及び解答用紙を使います。解答スペースを考慮し、はみだしが無いか、採点者に見やすい答案になっているかもしっかりチェックします。

同じ答案を何度解いても構いません。得点レベルよりもより洗練された答案に仕上げるという視点で練習すれば、きっと本番での実力発揮につながると思います。欄外やメモ用紙の活用、出題文へのマーキングなども工夫してみてください。


さて今回はいよいよ協議会の最終問、設問4です。「設問3で答えた内容を踏まえ」「今後、どのような方針で」キャリアコンサルティングを進めていくかを答えさせる出題となります。

信頼関係が構築され、ある程度お話を聴くことができ、相談者の問題も見えてきた。さてここからどのように面談を進めていくか、その時点での設問ですね。

まず「設問3で答えた内容を踏まえ」ということですから、明確にした相談者の問題に向き合うことから書きはじめます。設問3と違って解答スペースも十分ありますので、設問3で言及しきれなかった点を書き加えても良いかと思います。

事例によって一概には言えませんが、設問3の解答主旨が自己理解、仕事理解だとすれば、まずそれらについて触れます。例えば、一番差し迫った問題が、自分の役割についての偏った見方だったとすると、まずそうとは限らない点を理解してもらうやり取りから始めます。

そして、確かにそうとはかぎらないなあと偏った論理に柔軟性がでてきたら、改めてご本人の本来の姿に気づき、自己理解を深めてもらうという展開を想定します。つまり自分の強みや能力、興味関心に気づいてもらい積極的に取り組んでいけるような土台を作っていくわけです。

次に「今後どのような方針で」という点ですが、方針とは「進むべき方向」ですから、展開でもいいしステップと考えても間違いはないと思います。

言い換えれば、「相談者が相談したい問題」に応えられる当面のゴールを示すということにもなります。そして、それは相談者に合意してもらえるものでなければいけません。

以上のような視点で解答文を作っていけばいいかと思います。設問3と設問4はひとつの出題と考えて、トータルで、相談者の問題/その根拠/今後の対応方針を答えていく。この流れは面談でも試される展開ですので、しっかり押さえておきましょう。
(つづく)

 
【キャリコン実践研究会】
ホームページ』←ここをクリックしてください。
キャリコン受験生及び資格保有者に必要な情報を提供するベースキャンプです。是非一度、ご訪問ください。今後、当ブログのように試験内容に少し踏み込んだ記事もご提供していきたいと思っています。

また、学びの場はコミュニケーションの場でもあります。われわれ講師は受講生との対等で共に学ぶ視点で交流を深めたいと思っています。お申込後に疑問点や新たに気づいた点がありましたらどんどんご連絡ください。成長に限界はありません。それぞれの立場で、それぞれのペースで、ご自身の世界を高め、広げていってください。

キャリコン実践研究会が提供するサービス
1)受験対策テキスト
   面接試験のポイント整理
   論述試験のポイント整理
   傾聴(信頼関係構築)のポイント整理
   口頭試問のポイント整理

2)個別ロープレ対策講座
   ロープレと銘打っていますが、講師と1対1の個別講座です。
   受講生のご希望に沿って論述対策、面接対策を行います。 
プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード