キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

面接試験

さあ、面接試験ですね。

論述試験お疲れ様でした。まずはひと山越えましたね。

さて、次は面接試験です。

面接試験まで2週間足らず。ですが、この2週間の使い方が大変重要です。

まず、大事なことは論述試験のことを忘れるということです。

前回の試験でも、論述試験に失敗したと思ってそのことが気になり、面接試験への意欲が減退してしまったという方がいらっしゃいました。

そして、面接試験が終わり、届いた試験結果は、
論述試験は合格点を超えていたにもかかわらず、面接試験は不合格点で、合計でも合格点に達していませんでした。

その方には、頭を切り替えて面接試験に臨むようお話をさせて頂いたのですが・・・、ご自身が経験した論述試験のインパクトが強く、「論述試験に失敗した」という”思い込み”が大変強かったようです。

2つの試験機関の合格率調整?のために、論述試験にゲタをはかせたとのウワサもあるようですが、試験の評価は相対的なものであり、答はひつでは無いという論述試験の実態を推測してみると、悲観的な”思い込み”だけは避けていただければと思います。


次に大事なことは、基本を整理しておくことです。

基本中の基本は「傾聴」です。「傾聴の本質」の理解をもう一度やっておいてください。

直前になると、ああしてこうしてと、流れや言い回しをレビューしたくなりますが、それは今迄のステップです。試験前2週間足らずとなった今、むしろ、それらを忘れることの方が大事です。

矛盾した印象を持たれるかもしれませんが、面談・面接は形があるようで、ありません。答があるようで、ない。そんな世界です。

従って、相談者のお話が全てです。相談者のお話から広がる主観的な世界が理解出来なければ、どんな理論も通用しません。

「自発性」という言葉がある様に、技法の本質が理解出来たら、その技法を忘れる、つまり、超える、あるいは「技法に頼らない」(技法に縛られない)ことがとっても大切です。

受講生をご支援させていただいて、もう一段上のレベルに行くためのハードルがこの課題です。

技法を乗り越えお話に集中して傾聴できるか、あるいは更に技法を追い求めていくか、前者と後者でその後の成長に差が出てくるような気がします。


もうひとつ大事なのは、「口頭試問」対策です。

口頭試問は今迄のCDA試験と殆ど変らない質問(JCDA)が今回も予測されますので、しっかり整理しておいてください。

ポイントは、来談目的、主訴、問題の関係(JCDA)です。これらの違いが理解できていないと、折角面接が上手くいっても減点される心配があります。

これらの把握は「傾聴」が基礎になりますので、そういった意味からも残された時間で、基礎を整理しておいてください。基礎さえ身についていれば、どんなお話になっても必ず理解することができます。

『テキスト』をお持ちの方は、読みっぱなしにせず、何度も読み返してください。これからの時間で、更に最低でも5回は読み込んで頂ければと思います。

また、面接試験までの2週間足らずをどうやって過ごそうかと思われている方は是非、『テキスト』を手にとって頂き、基礎の整理にお役立ていただければと思います。

JCDAと協議会

JCDAとキャリア・コンサルティング協議会。2つの試験機関があり、学習の経緯からそれぞれどこで受験するかお決めになっていると思います。

ですが、試験日が近づくにつれて、気になるのは、もう一方の試験ですね・・・、むこうで受けた方が・・・。

でも、どっちでも同じです。やってきたことをしっかり消化できていれば、合格出来ます。怖れることはありません。

どちらで受けるにしても、基礎・基本を軽視し、自己流や自分たち流でやってしまうと、試験は難しいものになってしまいます。

研究会でも論述試験や面接試験の分析を行っていますが、やればやるほど基礎や基本は共通だなあと思えてきます。それに、まだ第一回の試験が終わったばかりですので、JCDAはこうだ、協議会はこうだと決め付けてしまうことこそ危険なのではないかと思います。

それよりも、合否のボーダーラインには何人も並ぶことが予想されますので、1点でも2点でも多く取ることが必要です。従って、今の段階では論述試験の準備をしっかりやることが大切だと思います。

IMG_0779

とは言え、両試験機関の特徴というのはあると思います。

キャリア・コンサルティング協議会は、名称の通り「コンサルティング」がメインで、相談ごとに対して、直接、解決策を模索するような支援を目指します。

また、技能士試験も行っていることから「技能」に重点が置かれているような気もします。しかし、従来の技能士においては、CDA等の資格を取得してからチャレンジする方が殆どでしたので、ある程度「傾聴」の基礎が出来ていたのではないかと思います。

しかし、そういった基礎が無くて、いきなり国家資格「キャリアコンサルタント」試験を「技能」で乗り切ろうとするのはとても危険だと思います。(技能士合格の殆どの方が「傾聴」の重要性を強調しています。)


JCDAは、「カウンセリング」が中心にあるようです。

恐らく国家資格化の動きの中で「キャリアカウンセラー」の名称を使いたかったのではないかと思いますが、厚生労働省の意向もあって”キャリアコンサルティング/キャリアコンサルタント”になりました。ですが、内容はカウンセラーの色彩を帯びているようです。

カウンセリングの基本は傾聴ですし、内面/心理と向き合う必要があります。従って、自己理解、自己探索のステップがどうしても欠かせないことになります。


この様に、「傾聴」が両者に共通した基本事項ということになりますが、ただ、「気持ちに寄り添う」だけではなく、「なぜ、傾聴が必要なのか」その理論的な背景をしっかり整理しておいてください。

そして、この点の理解が本物の『キャリアコンサルタント』を創っていくと思われます。それでこそ、国家資格の価値が出てくるはずです。

※両機関のアプローチの違いについては次回もう少し触れてみたいと思います。

第一回面接試験を終えて

第一回キャリアコンサルタント試験/面接試験(JCDA)、お疲れ様でした。

論述試験の様な衝撃は無かったようですね。(良かった、良かった!) 

変わったところと言えば、時間が5分長くなって、録音されるようになったこと位でしょうか。

”相談ごと”も従来のCDAと同じような感じですね。また、口頭試問の設問も殆ど変わらなかったようです。

論述試験のところでも書きましたが、JCDAとしては、従来通り「自己探索、自己概念」が中核ですね。確かにCDA資格と同等とのことですから変えようがないと考える方がむしろ自然なのかもしれません。

例えば、来談目的があって、お話を聴き進める内に、裏に隠れた「主訴」が見えてくる。技能士試験などでは、来談目的と主訴がほぼ一体になった事例が多かったので、この点が大きな違いであり、CDA試験の特徴です。

しかし、一方で、論述と面接は表裏一体ということを考えると、プラス5分の意味を、もう少し考えてみる必要がありそうです。

IMG_0638
そのキーポイントは、やはり論述試験の設問2にあったのではなかいかと思います。

設問1が相応しいか相応しくないかを問う問題。設問2も事例ⅠとⅡで相応しい方と相応しくない方の違いを問われたと思われた方が多かったようですが、形を変えて同様の内容を問う設問が出されるとは考えにくい。

そこはやはり厚生労働省で主導するキャリアカウンセリングの「キャリア形成の6ステップ」が背景にあるのではないかと思わせます。

6つのステップの中で重要なのは、「①自己理解」と「②仕事理解」ですから、面接の中でこれが出来たかが振り返りどころでしょうね。

もう少し具体的に言うと、仕事のこと(必要に応じて前の仕事、今の仕事、これからやろうとする仕事)について聴けたか、そして選択に迷っている心情について聴き、共感することができたかということですね。

第一回試験とのことでいろいろ悩み、試行錯誤しながら対策を進めてきましたが、JCDAで言うと、従来の路線を大事にし、国の施策を配慮しながら、延長された5分を活用できる事例設定にしたということでしょうか。

CDAの特徴を理解し、身に付けるにはしっかりした勉強が必要ですが、ここが出来ることで他の資格保有者には無い宝物を得ることができます。実践力がつき、技能士検定への取り組みもし易くなります。

試験が終わり、後悔が募ってくる方も多いことでしょう。その場合、頭の中は100点を基準にしていますから当然ですね。でも合格基準は60%です。と言うことは、合格者にも反省点は必ずあるということになります。

合格発表までの期間が本当の振り返り期間になりますので大事にしてください。そして、その振り返りを日常のものにできたら、この試験にチャレンジしたもう一つの意味が見えてくるのではないかと思います。

〔キャリア形成の6ステップ〕
①自己理解→②仕事理解→③啓発的経験→④キャリア選択に係る意思決定→⑤方策の実行→⑥新たな仕事への適応

(新)論述から面接へ

それにしても第一回の論述試験には驚かされました。その上、試験機関によって問題が違うなんて・・・。

まあ、それはそれとして、受験生としては今週末に迫った面接試験に全力投球しなければいけませんね。そこで、JCDAベースで少し考えてみました。

今迄、論述と面接は表裏一体というお話をしてきました。そこで、その原則に立つと、論述試験から面接試験に役立つ何らかのヒントが得られる筈です。

ではまず、「昨日の記事」に目を通してください。

公開された試験問題を見ますと、設問1で逐語が現れますが、CL1で来談目的らしきものが語られているところを見ると、どうも導入部分のやりとりのようです。

そうすると、導入部分はこの通りやればいいのかと思うとそれは逆で、相応しくない応答が続いている感じです。

それならば、この相応しくない応答をタブーとして、しっかり傾聴し、受容・共感に努めていけば、導入部分はOK!ということになりますね。

言語的追跡を心掛け、キーワードはしっかり伝え返す。これはCDAの時にも学んだ基本ですので、同じ対応をしましょう。

尚、導入部分で問題が見えてきたとしても最初から掘り下げようとせず、全体状況を把握するようにした方が良策かと思います。

IMG_0536

設問2も逐語で、事例が2つです。CL1は事例ⅠとⅡで同じです。細かく見れば修正が必要なところもあるかと思いますが、おおまかに見ると、昨日の記事にも書きました様に、事例Ⅰが仕事理解のアプローチ、事例Ⅱが自己理解のアプローチになると思います。

厚生労働省の資料によれば、キャリア形成の6ステップとして、1)自己理解、2)仕事理解となっていますので、この2つは車の両輪です。

但し、JCDAの論述問題を見ると「自己理解」「仕事理解」の文字は出て来ませんので、自己理解=「自己探索」(内的理解)、仕事理解=環境認識(仕事等個人を取り巻くもの:外的理解)と置き換えてみれば分かりやすいのではないかと思います。

この様に見てくると、JCDAにおいても自己探索と仕事理解はキャリアコンサルティングを行う上での両輪と考えられますね。

そこで、自己探索はどうすればいいの?となりますが、参考になるのは事例Ⅱの逐語です。
・何かあったんですか?
・具体的な出来事を教えてください。
・今のご自分はどの様に見えますか?(自己概念確認の質問。但し、使うタイミングや言い回しに注意してください。)
・「(負け犬)」(=自己概念)ってどういう意味なんですか?
などは使えそうですね。
意味が出てきたら、
・それで、~なんですね。
と返答すれば、自己探索面は理解が進んだことになります。

次に、仕事理解ですが、これは事例Ⅰを参考にしましょう。
・(公務員)? どうして(公務員)なんですか?
・今の仕事はどうなんですか?
・(公務員)(=次の仕事)はどうなんですか?
などAかBか迷っているのであれば、それぞれの(仕事)内容について質問し、どの程度理解しているのか確認します。

順序はどちらからでもの結構ですから、①概要把握・信頼関係構築、②自己探索(自己理解)面の確認、③仕事内容等の確認を三本柱と考え、それぞれ5分を配分すると、合計15分で面接終了です。実際はこの通りいかないかと思いますが、おおよその目安になるのではないかと思います。尚、自己概念が出て来なければ考えや価値観でも良いですね。

時間が余ったら、要約をして目標の提案。時間が無かったら、口頭試問の今後の展開で目標や方策を説明、とすればかなり頑張れそうです。

以上、論述試験からヒントを考えてみるとこのようになりました。あくまでご参考ですので、型にはめようとせず、自分らしく、相談者のペースで進めてください。ご健闘をお祈り致します。

プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード