キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

問題

火のないところに

国家資格キャリアコンサルタント論述試験は、両機関とも従来の出題形式を踏襲しており、当会で論述対策を行った方にとっては解答しやすかったのではないかと思います。

さて、いよいよ面接試験ですね。

JCDAの評価区分3つの内のひとつ、「主訴・問題の把握」から面談対策について考えてみましょう。

「主訴」とは何か?

それは、文字通り、主な訴えということであり、一番訴えたいこと。こころの叫びのようなものと捉えてください。

「来談目的」が頭で考えたもので表層的なものだとすれば、「主訴」は内面的なもの、自分ではコントロールしにくい(従って、説明しにくい)「感情」と考えれば分かりやすいのではないかと思います。だから、受け止めて欲しい! それも無条件で。

では、「感情」はどこから生まれるのでしょう? ABC理論を待つまでもなく、それは考え、価値観、経験や信念に基づく「ものの見方」からですね。

「ものの見方」自体は個人特有のものですので良いも悪いもありません。ですが、ある状況に遭遇した時、ストレスを生み、自分を見失い、動けなくなってしまうほどのダメージを受け、こころの叫びとなって感情が発露しているとなったら・・・それは「極端なものの見方」つまり「思い込み」の仕業であり、それが「問題」ということになります。

よく、火のないところに煙は立たないと言われますが、「煙」が「主訴」で「火元」が「問題」と考えれば、両者の関係がよく見えてくると思います。


さて、面接への応用ですが、「感情」を掘り起こそうとしたり、分析しようとしてはいけません。

「感情」は「煙」であり、捕まえよう、明確にしようとしても手の中には殆ど残りません。インテーク面談の場合には「感情」は受け止めるだけ、反映するだけ、共感するだけでいいのです。

それよりもキャリコンとしてやることは「火元」を見つけることです。「火元」を見つける為には「煙」がサインになるという話で、「感情」を明確にすることが目的ではないことをしっかり認識してください。

「感情」を言葉で訊き出そうと質問に走っていませんか? 「感情」はそもそも言葉で理解するものではありません。感性、感受性で受け止めるものです。

そのためには、まず「煙」が立っている状況について語ってもらいましょう。どんな仕事(活動)をしているのか、どんな生活をしているのか、それをどんな表情で、どんな口調で、話してくれるのか。

これができれば「感情」を感じ取り「主訴」を見立てることが出来るはずです。そうすれば、その「主訴」はどこ(どんな「ものの見方」)からくるか、「火元」つまり「問題」に迫ることができると思います。

JCDA受験者はこうした点をしっかり整理しておいてください。

(ご参考)
キャリコン実践研究会
「テキストのお申込↓」
https://www.cconsupport.com/テキスト等/

「問題」って何だァ!(1)

論述対策の所でも書きましたが、合否の分かれ目は「問題の把握」が出来るか否かにかかっているような気がします。

でも、「問題って何だァ!」と叫びたくなるくらい分かり難いですよね、特にJCDAの場合には。そこで、「JCDAが言う問題」とは何か、改めて考えてみたいと思います。

JCDAでは理事長自ら「キャリアカウンセリングとは何か」という論文を書いています。
https://www.j-cda.jp/prev/member/thesis/index.html

その第2章に「クライエントの問題とは何か」との記載がありますので、その内容を見てみましょう。

1)2つの問題
 一般的に、「問題」には2つあると言います。

 ひとつは、「エンジンが壊れていて車が動かない状態」。これでは誰が運転しても車は動きません。車が動かないという「事柄」と運転者という「人」は無関係です。

 事柄と人を切り離し、事柄だけを見て問題を解決しようとするアプローチを、上記論文では「”問題解決”志向」と定義し、「車のエンジン的問題把握」としています。

 もうひとつは、逆に「事柄」と「人」が関係した問題です。

 例えば、「就職問題」。Aさんが行っている就職活動で、なかなか就職が決まらない場合、「就職」という事柄とAさんという「人物」は切り離せません。

 この様に、事柄と人が一体となった問題を論文では「Aさんの問題」「自己概念が絡む問題」と呼んでいます。そして、キャリコンに持ち込まれる問題は、この「自己概念が絡む問題」だとしています。

 確かにその通りだと思いますね。ですが・・・「自己概念が絡む」とは?    (このへんが分かり難いところです。ですが、がんばって続けましょう。)

2)「自己概念が絡む問題」とは
 論文の流れから、「自己概念が絡む」とは「人物が絡む」ということを言っていることが分かります。『自己概念』とは、ある環境に居て、自分自身がどの様に見えているか、ということですから、自己理解そのものです。

 大事なのは「ある環境に居て」という点です。Aさんの例で言うと、「就職が決まらない」という環境に居て、どうなのかということですね。

 例えば、「孤独」という自己概念が出てきたならば、まさに「就職という事柄」と「就職活動をしている自分」を一体として捉え、「自分は孤独だ」と自己理解している訳です。

 「事柄と人を一体」として問題を把握するアプローチをJCDAは推奨していますので、その手段として『自己概念』を明確にしていく手法が適していると考えているのでしょう。

 要するに、事柄の面だけではなく、人の面も含めて全体的に捉えないと、「
相談者の本当の問題は見えなくなる」と言っているんですね。

 では、問題を捉える場合の「人の面」とはどんなことを言っているのでしょう。人の面というと、興味、関心、能力、経験などになりますが、自己理解という視点で考えると、それぞれについて「どう見ているか?」という「ものごとの捉え方(認知、認識)」がスタートになります。(自己概念も自分自身の捉え方/認知、認識です。)

 コミュニケーション能力もサポート資源もあるのに、「孤独」と感じてしまう。客観的に見て能力は有るのに、見失っていたり、気づかなかったりする。やはり、能力が有る無いよりも、まずは自分の能力を正しく把握しているか、自分の能力を「どの様に見ているか」、そのあたり(自分自身についての現状認識)に問題(誤り)を探してみるのが、基本なのではないかと思います。

 「どうして孤独と感じるのか?」そこを丁寧にきいていくと、「自分には能力が無い」という考え・認知、認識に行き当たりました。果たしてそうなのでしょうか? どうやら自己理解に問題がありそうです。JCDAは問題を特定し、掘り下げていくアプローチをとりますので、これだけでは不十分です。どんな点で自己理解が足りないのか? 単純に言うなら「自分は能力が無いと思い込んでいる」からというのが1つの答になります。

 その点が「Aさんの問題」だと分かったら、次のステップはどうしてそう思うのか、その意味を解きほぐしていき、「適切な認識」に立つようにします。正しい認識に立つということは「私に能力が無いとは限らない」と気づくことであり、そうすれば前向きに就職に取り組んでいこうという気持ちになれます。そこで、初めて、「目標」を設定することが可能になり、具体的な「方策」を検討する下地ができたことになります。

 このように考えてみると、JCDAのアプローチは理にかなっており、決して難しいものではなく、基本的なものであることが分かります。

 「問題」の根っこを把握するということは、言い換えれば、上記手順(来談目的→主訴→問題→再認識→目標→方策)を理解することであり、JCDAの評価区分として「主訴・問題の把握」が挙げられている所以だと思います。

 「問題」を正しく把握し、答える(論述試験、口頭試問)ことが合格への道につながりますので、JCDAで受験される方はしっかり整理しておいてください。

 尚、前にも書きましたが、JCDA受験者が、技能士試験を参考にして「問題」を答えると、思わぬ減点になるかもしれません。特に「方策」を「問題」と捉える傾向も見受けられますので、混同しないように注意してください。


斜体字の部分は私の解釈です。勘違い等ありましたらお許しください。
(ご参考)
Facebook『キャリコン実践研究会』、『実技試験対策テキスト

※ JCDAとキャリア・コンサルティング協議会。それぞれに特徴や良い点がありますので、キャリコン実践研究会では、受験先によって別々の指導を行っています。特に「論述試験対策」については、教材及び講座を分けています。

(続く)

プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード