キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

口頭試問

論述、口頭試問そしてロープレ

キャリアコンサルタント試験で気になるのは、まず学科試験。合格基準が70%ですからハードルも高く感じてしまいます。ですが、学科試験は知識や記憶の試験ですし、多くの方が慣れ親しんできた試験形式ですので、頑張れば頑張っただけ点数に繋がると思います。

さて、厄介なのは実技試験ですね。まず、「論述試験」ですが、ポイントは時間内に、事例(逐語)を分析し、自分の文章で解答を記載する、という点あります。この中で最も重要なのが、やはり”時間内に”というところでしょう。

つまり、時間をかければどなたでもある程度の解答は書ける。しかしながら、それを決められた時間内にやらなければいけないので難しい。

では、どうしたらいいか? 一つには「分析力」ですね。分析をするには「基準」が必要ですが、基準はキャリアコンサルティングに関する知識・理解です。厚労省のマニュアルや各種キャリア理論、キャリアコンサルティング理論が参考になります。

次に「文章力」です。分析が出来ても文章が書けないと得点に繋がらない。解答案にコメントをさせて頂く時も「分かっているのに表現が・・・残念!」ということが多々あります。これを一からやると、時間がかかってしまいますので、キャリコン実践研究会では要点をテキストにまとめ、「総合対策コースB」でご説明もしています。

もうひとつご心配として「口頭試問」が挙げられるのではないかと思います。口頭試問については殆ど資料が見当たりませんね。ポイントは、これも「分析力」というか「振り返り力」と「説明力」ですね。

自分で行ったロープレについて如何に客観的に事例分析が出来、キャリコンとしての自己分析ができるか、それを文章では無く、口述で説明出来るかとなります。この点でも「答え方」が重要ですので、テキストにまとめ、「総合対策コースB」のメニューにしています。

最後は「ロープレ」ですね。これも論述対策の理解をベースに、まずは前段の応答、つまり「伝え返し」をしっかり身に付け、確実に信頼関係を築くことが重要です。そして、いくつかのチェックポイントをクリアできればロープレで失敗は無いと思います。

実技試験は、論述、ロープレ、口頭試問の合計点で決まります。つまり、3つが繋がっているということですね。こうした出題意図を勘案して効率的な準備をされるとよろしいかと思います。


(キャリコン実践研究会のご案内=宣伝です)
〔 総合対策コースB 〕
開催日:2019年10月20日(日)12:10~16:20
開催場所:都内新宿区(お申込後詳細をご案内します)
参加費:20,000円(税込/事前お振込)
講座内容 ①論述対策説明(テキスト付)
     ②口頭試問練習(テキスト付)
     ③ロープレ練習
お申込は→「こちら

実技試験に必要な論述、口頭試問、ロープレを半日で対策するハイブリッド講座です。準備がまだ不十分だなとお思いの方は是非ご受講下さい。最終チェックにもよろしいかと思います。課題が見つかっても、まだ十分に対策する時間はあります。ご希望の方には論述解答のコメントもさせて頂きます。
よろしければご検討下さい。

尚、遠隔地の方やご都合がつかない方には「テキスト」のみのお申込も受け付けていますので、ご利用ください。
「テキスト」のお申込は→「こちら

段々試験日が近づいてきましたが、焦らず、悔いの無いご準備をしていただければと思います。

HP:「
キャリコン実践研究会

さあ、面接試験ですね。

論述試験お疲れ様でした。まずはひと山越えましたね。

さて、次は面接試験です。

面接試験まで2週間足らず。ですが、この2週間の使い方が大変重要です。

まず、大事なことは論述試験のことを忘れるということです。

前回の試験でも、論述試験に失敗したと思ってそのことが気になり、面接試験への意欲が減退してしまったという方がいらっしゃいました。

そして、面接試験が終わり、届いた試験結果は、
論述試験は合格点を超えていたにもかかわらず、面接試験は不合格点で、合計でも合格点に達していませんでした。

その方には、頭を切り替えて面接試験に臨むようお話をさせて頂いたのですが・・・、ご自身が経験した論述試験のインパクトが強く、「論述試験に失敗した」という”思い込み”が大変強かったようです。

2つの試験機関の合格率調整?のために、論述試験にゲタをはかせたとのウワサもあるようですが、試験の評価は相対的なものであり、答はひつでは無いという論述試験の実態を推測してみると、悲観的な”思い込み”だけは避けていただければと思います。


次に大事なことは、基本を整理しておくことです。

基本中の基本は「傾聴」です。「傾聴の本質」の理解をもう一度やっておいてください。

直前になると、ああしてこうしてと、流れや言い回しをレビューしたくなりますが、それは今迄のステップです。試験前2週間足らずとなった今、むしろ、それらを忘れることの方が大事です。

矛盾した印象を持たれるかもしれませんが、面談・面接は形があるようで、ありません。答があるようで、ない。そんな世界です。

従って、相談者のお話が全てです。相談者のお話から広がる主観的な世界が理解出来なければ、どんな理論も通用しません。

「自発性」という言葉がある様に、技法の本質が理解出来たら、その技法を忘れる、つまり、超える、あるいは「技法に頼らない」(技法に縛られない)ことがとっても大切です。

受講生をご支援させていただいて、もう一段上のレベルに行くためのハードルがこの課題です。

技法を乗り越えお話に集中して傾聴できるか、あるいは更に技法を追い求めていくか、前者と後者でその後の成長に差が出てくるような気がします。


もうひとつ大事なのは、「口頭試問」対策です。

口頭試問は今迄のCDA試験と殆ど変らない質問(JCDA)が今回も予測されますので、しっかり整理しておいてください。

ポイントは、来談目的、主訴、問題の関係(JCDA)です。これらの違いが理解できていないと、折角面接が上手くいっても減点される心配があります。

これらの把握は「傾聴」が基礎になりますので、そういった意味からも残された時間で、基礎を整理しておいてください。基礎さえ身についていれば、どんなお話になっても必ず理解することができます。

『テキスト』をお持ちの方は、読みっぱなしにせず、何度も読み返してください。これからの時間で、更に最低でも5回は読み込んで頂ければと思います。

また、面接試験までの2週間足らずをどうやって過ごそうかと思われている方は是非、『テキスト』を手にとって頂き、基礎の整理にお役立ていただければと思います。
プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード