キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

キャリコン対策

(キャリコン)論述対策!

国家資格キャリコン試験は、平均合格率から難易度を見ると、学科試験>実技試験の関係にあります。また、平均点から見ると面接試験>論述試験です。従って、ちょっと乱暴ですが、学科試験>面接試験>論述試験の順に難しいということになる?ようです。

こうしたことが背景にあるのかどうか分かりませんが、多くの受験生が学科試験対策に多くの時間を使っているのではないかと思います。

まあ、難易度からすると理解できないこともありませんが、本来、学科試験と実技試験は別物ですので、その特徴に合わせて対策方法を変えると共に少なくとも均等に時間配分する必要があるのではないかと思います。

例えば、学科試験は知識を問う試験ですから、細切れの時間を使って出来ますね。よく通勤時間を使って勉強したというお話を聞きます。

他方、まとまった時間が確保できたら是非、実技試験対策に使って頂きたいと思います。

そして、おろそかにしないでほしいのは論述対策です。確かに配点が面接試験の半分で、効果が薄いと思われるかもしれませんが、相談者の変動的要素に向き合うのではなく、逐語という変動しようのない事例が相手ですから、面接試験よりも点数が取り易いのは確かだと思います。

また、論述と面接が合算されて合否が決まるという点にも着目する必要があります。つまり、論述で40点(80%)取れれば、面接試験は50点(50%)で合格(60%)となります。

先にも取り上げましたが、面接試験には変動的要素が多々あります。ですから、50点取れればいいやと思うか、70点取らなければいけないと思うかは試験に臨むプレッシャーという点で雲泥の差があります。この気持ちの余裕が、結果的に面談を首尾良く進められる原動力になるのではないかと思います。

では、論述対策をどのように進めればいいのかと言いますと、出題された逐語を分析し、理論的に解釈し、解答を導き出すというアプローチが必要になってきます。こうしたアプローチをすることによって初めて面接力や口頭試問力の向上にもつながります。模範解答だけを見て似たような答を書くという方法では不十分ですのでご注意ください。

当会の「論述対策講座(サブテキスト付)」ではこうした視点に立って40点(80%)以上確保を目標にした対策を行っています。よろしければ是非ご活用ください。(当会を初めて利用される方は「テキストのお申込」からお願いします。)

◇キャリコン実践研究会ホームページ
まずは当会の考え方やお申込に関する留意事項等をご確認ください。
 ホームページの閲覧→「クリック

◆「テキスト」(及びサブテキスト)のお申込
 お申込→「クリック

◆「論述対策講座」(サブテキスト付)のお申込
(JCDA受験用):2月16日(水) 12:30~14:00
 お申込→「クリック

(CC協議会用):2月16日(水) 14:30~16:00
 お申込→「クリック

今、やること

いよいよ試験まで1カ月というところですね。いえいえ、論述試験は19日後に迫ってきました。

ある程度準備を進めて来られた方はもう一度現状を振り返ってみる。また、準備が進んでいない方は、本気で残された時間を有効に使う作戦を考えてみる。そんな時期なのではないかと思います。

さて、すでにお気づきになっている点については答も自然に導き出せると思いますが、怖いのは「気づいていない点」ですね。

昨今の状況を見ていると、気になるのは、情報先行で、基礎・基本が疎かになっていると思われる点です。その結果、方向性を見失い、どうしたらいいのか、何が悪いのか気づけない。

国家資格になって合格率が格段に上がりました。その結果、真の実力がまだ身に付いていないのに資格を保有される方が増えています。そして、安易に、教え始めている・・・。

原点に返ってみましょう。厚労省や試験実施機関で合意されているのは、合格者は、「キャリコンの実力を持っている方」ではなく、「合格後、研鑚を積み、将来キャリアコンサルタントとしてお役に立てる『素質』が有る人(=スタート地点に立てる人)」です。

従って、合格後も「学ぶ姿勢」を持っていなければいけない。それがキャリコンとしてのアイデンティティです。

もし、あなたのそばに決め付けた言い方をする講師や”ホルダー”がいたら・・・、この点をチェックしてみて下さい。気づかない内にミスリードされているかもしれません。(勿論、立派な方もたくさんいらっしゃいます。)

大事なのは学ぶ姿勢、「一緒に学んでいきましょう」という姿勢ですね。この姿勢が無くなったら単なる受験屋であり、ご支援とは無縁になってしまいます。われわれキャリコン実践研究会もこの点を常に戒めているところです。


さて、ご受講されている方とお話していますと、相当混乱され、迷われている方が最近増えてきました。

ですが、われわれは大歓迎です。むしろ、迷い、自信を失くし、自分の道が見えなくなっている方こそ、ノックして頂きたいと思っています。なぜならばより深い「学び」につながるからです。迷い、悩む、われら”哀しい動物”は、そこに向き合い、学ぶことによって、成長していくんですね。

われわれは問題の解決は出来ないかもしれません。ですが、「一緒に学ぶ」ことはできます。そして、一緒に学べる方を求めています。


試験1カ月前のこの時期、もう一度ご自身の準備状況をチェックし最後の対策を行ってください。そうすれば結果は自然について来るのではないかと思います。

合格だけを考えて近視眼的になり小手先の対策に陥らないようにして下さい。合格は返って遠ざかってしまいます。そうならないように悔いの無い準備をし、自分のキャリアを積み上げていってください。


〔ご参考・・・現時点で募集中の講座〕

キャリコン実践研究会のホームページ
*基本ポリシーや受験対策のステップ、各種講座の全容を掲載しています。是非一度ご訪問ください。

テキスト・サブテキストのお申込
*試験合格の為の基礎、基本を理論面を加味して分かり易くまとめました。出題傾向や視点はJCDAとキャリア・コンサルタント協議会で違いますが、個別部分と共通部分を明確に区分し、どちらの試験実施機関にも対応できる内容になっています。面談力をつけるには基礎・基本をしっかり身に付ける必要がありますので、まずは、テキストをご覧になってください。

*また、傾聴基礎講座や口頭試問対策講座、論述対策講座に使用するサブテキストのご提供も行っています。講座にご参加できない場合にはご利用ください。

傾聴基礎講座のお申込
*面談は開始2~3分の対応に大きく影響されますので、開始から次の展開への移行を重点に、「どうしたらいいか」を徹底的に練習します。「どうしたらいいか」が分かっていないと、いくら練習しても効果が空回りしてしまいますので注意してください。

口頭試問対策講座のお申込
*面接試験で、あなどれないのが「口頭試問」です。「答え方」によっては折角の面談も減点になってしまう場合があります。減点を防ぎ、加点を狙う、そんな口頭試問に特化した講座です。

CC協議会向論述対策講座のお申込
*「論述試験」こそキャリアコンサルタントとしての基礎・基本が問われる試験です。小手先だけの対策では応用が利かず、悔しい結果になる危険性があります。基礎・基本を理解した上で、しっかり過去問を分析し、真の対策を行いましょう。(JCDA向論述対策講座は満席となってしまいました。上記サブテキストをご利用下さい。)

ペアワーク講座のお申込
*相談者役を経験できるという点でペアワークは有効な対策ツールです。しかし、ペアワークが苦手という方もいらっしゃいます。原因は相談者役からの不快なフィードバック?。当会のペアワークでは相談者役からのフィードバックは一切頂きません。あくまでキャリコン役と講師の間での意見交換に徹します。そして、キャリコン役と講師とのやりとりを聴くことが相談者役にとってはとても良い勉強になります。(安心してお申込ください。)

個別1to1講座のお申込
*受講生1名と講師1名のマンツーマン講座です。面談の入口から始め、それぞれの応答を逐次止めながら振り返り、進めていく講座です。応答の都度、振り返りますのでクセを直すのに最適です。

個別ロープレ対策講座のお申込
*講師2名がお一人の受講生に対して「相談者役」と「試験官役」を担い、本試験を想定した実践形式の講座です。事例を十分に理解した講師が「本物の」相談者役を担当しますので、隠れた背景などにもしっかりご説明が出来ます。試験に出題される「事例の深さ」を、本試験前に是非、味わってください。

論述試験対策は大丈夫?

JCDAの前回の論述試験で、その前より得点を落とした方が結構いらっしゃるようです。

そこで、原因を調べてみると、第2回→第3回で新たに「相談者の問題」を問う設問が出たことが影響しているように思えます。

ご承知の通り、JCDAで、3つの評価区分のうちのひとつは「主訴・問題の把握」です。従って、「問題」を問う設問が出るのは当然だとも思えます。

従来、口頭試問では第1回から「問題は何だと思いますか?」と質問されてきました。それが、論述試験にも出たということですね。そして、今後も出てくることが予想されますので、「JCDAが言う相談者の問題」をきちんと整理し、理解しておくことが合格への最低ラインだとも言えます。

尚、「JCDAが言う相談者の問題」は、「キャリア・コンサルティング協議会が言う相談者の問題」とは捉え方が違いますので十分注意してください。(と言うことは、私見ですが、JCDA受験者にとって、技能士試験の論述問題や模範解答は役に立たない、あるいは誤りの元になる危険もありますので、あまり参考にしない方がいいかもしれません。)

また、論述、面談及び口頭試問で「問題の把握」はチェックされますので、単に論述対策と考えるのではなく、実技試験対策と考えた方がいいと思います。実技試験の入口、それが論述試験です。


「JCDAが言う相談者の問題」をしっかり捉えられない人は、感情や主訴についても曖昧な理解で終わっている傾向があります。

そうしますと、様々な設問で、意に反して不適切な論述解答をすることになり、点数がガクンと落ちる結果になってしまいます。そして、なぜ点数が低いのか分からないとも。

「主訴・問題の把握」で大事なのは、「主訴」と「問題」の識別です。決して「主訴と問題を一括」してはいけません。各々の概念をしっかり理解しておいてください。

特に、JCDAでは主訴、問題を重視し、経験代謝という独自のメッソドを持っていますので、一般的な書物だけでは理解出来ない面もあるかと思います。

詳しくは『テキスト』にまとめましたが、JCDAの教材や資料を丹念に読み込み、理解に努めてください。

主訴と問題の識別が出来、プロセスを理解しておけば、JCDAの論述試験は得点し易い試験だとも言えます。面接試験は受容・共感から自己探索への展開など高得点が取りにくい面もありますので、出来る限り論述試験で貯金をするように心掛けてください。


キャリア・コンサルティング協議会の試験では、第2回→第3回で設問に変化はなく、同じ形式でした。但し、助言・教示をする設問が具体的に出されましたので、日頃から情報収集に努めておく必要があるかと思います。

また、「問題」の捉え方は、技能士試験と同じですので、過去問が参考になるかもしれません。

しかし、同じ土俵で受験する方との勝負ですから、しっかり論述試験対策をやることについては異論がないと思います。

(ご参考)
論述試験サブテキスト
・第3回過去問分析(JCDA用/協議会用)
・第4回論述対策(JCDA用/協議会用)
過去問分析
1~2回過去問分析資料(JCDA用/協議会用)

強みと弱み

人には「強み」と「弱み」がありますね。気づいている、いないにかかわらず、殆どの方にはこのふたつのものがあると思います。

現状や進路に迷う時、ひとはストレスを感じます。その時こころにあるのは自分の弱さです。逆に、順風満帆の時には、高揚感もあり、きっと強みが意識されていることでしょう。人生には山あり谷あり、ひとは強みと弱みの間で揺れ動く存在だとも言えます。

ご相談に来られる方は、ストレスを抱えた状態ですから、 内側にあるのは弱みですね。ですが、厄介なのは、身を守るために防衛本能が働くということです。従って、多くの場合、最初から自分の弱みについて語られることは殆どありません。それが語られるためには、ある程度の時間とお話を聴いて頂ける方の寛容さが必要になります。


さて、ひとは遠い昔から悩みと共にあり、何とかこの状態から脱出したいといろいろな方法を考えてきました。乱暴に言ってしまえば、たどり着いた方法は二つです。ひとつは弱みに向き合う方法であり、もうひとつは強みに向き合う方法です。

悩みに向き合い、弱みに向き合い、何を悩んでいるのか、その悩みはどこからくるのか、そういったことを一つひとつ確認して弱みを克服する。

ですが、弱みに向き合うのは時間がかかるし、無限ループに落ち込んで脱出できないこともある。

それだったら、気持ちを切り替えて強みに着目し、自信を取り戻しながら新しい気持ちで進路を選択していく。こうした方法も当然考えられるわけですね。


このように考えてみると、

JCDAは、否定的自己概念という弱みに向き合うという点で前者に似ていますね。否定的な自己概念のルーツをたどる、つまり経験を再現することによって弱みの原点を見つけます。

原点を見つけることができれば、自分の弱みを受け入れることが出来、新しい自分へと成長することができます。「弱みを知る」ということは「強みを知る」ことと同じくらい力を持つことになるんですね。そうやって、自分の足で歩いていくことが出来るようになる。

キャリア・コンサルティング協議会は、後者の方かもしれません。弱みに向き合いますが、原点を突き止めるところまで深追いせず、前を向いて強みやセールスポイントの発見に努めていきます。

経験を振り返ることもしますが、それは強みを見つけるためで、重点はこれからどうするかといった目標や方策に置かれます。


両者とも弱みや強み、過去や未来に向き合う点は同じです。そういう意味で、傾聴は欠かせません。

ですが、アプローチには違いがあります。カウンセリングにしてもコンサルティングにしても考え方や理論はたくさんありますので、共通点の理解とアプローチの違いはきちんと整理しておいた方がいいと思います。

プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード