キャリアコンサルタント Days of Life

キャリコン実践研究会

キャリアコンサルタント実技試験

楽しいロープレ

受講生の中には「ロープレ恐怖症」にかかっている方がいらっしゃるようです。

その原因をお伺いすると、「いろいろな人にいろいろ言われて、何が正しいのか分からなくなってしまった」というものです。

この傾向は昔からあって、資格試験の弊害なのかもしれません。折角の勉強なのに・・・。

大変嘆かわしいことですが、受験を諦めてしまったり、ロープレ練習をしなくなったり。あるいは、受講するにしても相当の覚悟(?)が必要だったり。

と言うのも、また何か言われるのではないか、完全ダメだしされるのではないか、受講生同士ならまだしも、専門家に言われたら・・・。


ご安心ください!

当会では、まったく心配いりません。

まあ、別の言い方をすれば、そういった方には馴れています!(本当に多いんですよね)と言うか、上手くいかなくて当たり前! むしろ誤ったインプットをされてきた被害者ですね! といった印象を持つからです。

われわれの役割は、その障害に気づいていただくこと、そしてその障害を自ら乗り越えていただくお手伝いをすることです。

ですから、われわれの説明について如何にご納得いただくか、対策の提案をどう受け止めていただくかを考えますので、対等の立場での意見交換が中心になります。

ご納得いただけないようでしたら別の説明や対策も考えます。従って、押し付けたり相談者を悩ますことは決してありませんよ。

実際にはご納得いただくことが殆どですので、受講生からは「スッキリした」とのご評価を頂くことが多々ありますが、われわれの役割はここでは終わりません。

われわれのゴールは、受講生が納得できるような面談スタイルを「身につける」(そして、その結果、合格する)ことにあります。

ですから、複数回のご受講を受講生にはお奨めしています。

1)「スッキリした」→2)「実際、そのように出来た」→3)「他の事例でも同じように出来た」このステップがどうしても必要になります。と言うのも2)の段階でまた元に戻ってしまうケースが多々あるからです。実際にはここで再修正することによって3)に至るチカラがつきます。

自分の面談に悩んでいる方、大歓迎です。

成長の一歩手前で足踏みしているだけだと思います。

是非、お気軽に、お申込ください。

自己成長につながるロープレは、本来「楽しいロープレ」になるはずですよね。

(ご参考)
キャリコン実践研究会ホームページ
是非、ご訪問頂き、「実技試験対策ステップ123」をご確認ください。

テキストのお申込
理論講座は終了しましたので、「テキスト」で基本的な考えや受験対策をご確認ください。内容にご納得いただけましたら、以下の講座の受講もご検討下さい。

JCDA向論述対策講座
CC協議会向論述対策講座
記述試験の解答作成にはコツがあります。また基本的な理解無くして高得点は望めません。短期決戦を目指し、40点以上の獲得を目指しましょう。(「サブテキスト」付)

傾聴模擬講座
とにかく面談が苦手、何をやったらいいか分からない、と言う方は是非、ご受講ください。言語・非言語表現の基本を部分的に練習しながら習得します。受講後、ロープレが激変した方が大勢いらっしゃいます。(「サブテキスト」付)

口頭試問対策講座
口頭試問は説明力が求められます。同じ実技試験ながら面談試験とは異なった視点で評価されます。緊張してどう答えたらいいか分からないという方は是非ご受講ください。(「サブテキスト」付)

※論述講座、傾聴講座、口頭試問講座にご都合がつかない方は、以下から「サブテキスト」だけでもお求めいただきます。
新規お申込の方→「テキストのお申込」(テキスト・サブテキスト一括でのお申込もできます。)
すでに理論講座又は「テキスト」お申込済みの方→「テキストの追加申込

個別1to1(ロープレ)
個別ロープレ対策
ロープレ関連の講座です。「1to1」は講師と1対1で対策を行います。「個別ロープレ」は講師2名と相談者の6つの目で15分間のロープレ及び口頭試問の実践評価を行います。受講者の進捗状況に合わせた総合対策実践講座です。

第2回用 『テキスト』

第2回国家資格キャリアコンサルタント試験用『テキスト』が完成しました。

CDA試験用の『レジュメ』、そして、ほぼ全面改訂として作成した第1回用国家資格キャリアコンサルタント試験用『レジュメ』。

準備して臨んだ第1回の論述試験、面接試験の内容は・・・、ビックリでした。
(でも、基礎・基本としてCDAの要素も残しておいて良かったと思います。)

JCDAの出題を見ても、内容はCDAの流れを踏襲していました。論述試験の指定語句群の中に「自己探索」や「自己概念」の文字を見つけ、そう思われた方もいらっしゃったんじゃないかなと思います。

面接試験においても、事例は、過去に出された内容に似たものがありましたし、展開もそう変わり無かったようです。

考えてみたら、われわれ受験生の側で、”変わるものだ”と思い込んでいたのかもしれませんね。

同じ標準レベル、合格後は申請によってCDA資格も得られるという訳ですから、変わると考える方がおかしいのかもしれません。試験が終わってから言えることですが。

そんな訳で、何とか全面改訂を行い、名称も『レジュメ』から『テキスト』に変え、昨日、やっと配信にこぎつけました。(お待たせした方には、大変申し訳ございませんでした。)

IMG_0750



第2回用 『テキスト
  A4判で、86頁になってしまいました。






新版の『テキスト』をCDA版に戻そうとも思いましたが、改めて考えてみると、第1回用で触れた技能士関連の部分も、大変参考になることが分かりました。特に、CDAで自己探索した後、どの様に進めていくのか、「今後の展開」と言う面で、役に立つ手法が揃っています。

CDAは内的キャリアに強い、技能士関連は具体的な展開に強い、いづれも資格取得後にキャリアコンサルタントとして社会貢献していく為には、欠かせない要素です。従って、将来まで含めて考えると、上記ふたつの要素の融合が必要なのではないかと思います。

そういった背景から、50頁のレジュメが86頁の『テキスト』になってしまいました。

頁数が多くなってご迷惑をお掛けする点もあるかと思いますが、ご容赦いただければと思います。また、JCDAのみならず、キャリア・コンサルティング協議会で受験される方もいらっしゃると思いますので、そういった方にもお役に立てると思います。

(内容)
 1.はじめに
 2.国家資格化の動き
 3.キャリアコンサルタント実技試験の概要
 4.実技試験受験の基礎
 5.実技試験受験の基本
 6.実技試験の対策
 7.最後に

第2回にチャレンジされる方は是非、『テキスト』をお手にとってください。

お時間が合えば『理論講座』のご受講をお奨めします。教材として『テキスト』が付き、86頁のポイント中のポイントを分かり易くご説明させて頂きたいと思います。
(理論講座予定)
 10月18日(火) 19:00~20:30
 10月22日(土) 12:05~13:35

その他にも各種講座をご用意していますので、『キャリコン実践研究会』のサイトにお立ち寄りください。ご一緒に学べることを楽しみにしております。

面接15分の使い方

第1回目のキャリアコンサルタント試験。CDA試験と比較するといろいろ心配な点が浮かび上がってきます。

そのひとつが時間ですね。5分長くなって15分になりました。そこで、この15分をどの様に考えるか、10分プラス5分でいいのか、ということを少し考えてみたいと思います。

受験のお手伝いを始めてみて、皆さんが戸惑われているのは、「何をするのか?」「何をしたらいいのか?」が整理できていないということではないかと思います。

そこで、教科書とすべきは、「厚生労働省の資料」です。ここを出発点にすると良いでしょう。国家資格ですから国の意向が反映されるのは当然ですね。

この教科書のなかで、まず考えなければいけないのが、「キャリア形成の6ステップ」にある「自己理解」「仕事理解」です。この言葉の意味するところ、守備範囲を上記資料でしっかり押さえておいてください。

また、コンサルティングの流れとしては、上記2つの理解の後、行動(啓発的経験)し、目標について意思決定し、方策を実行するということになります。

そして、支援の始まりが「面接」です。

IMG_0612

面接については、カウンセリング手法として既に学ばれているかと思いますが、最初にやることは「関係構築」です。従って、15分の内、最初の5分位をこの関係構築に使う感じですね。となると、これはCDAなどと全く同じ入り方です。つまり、受容・共感による「傾聴」です。

この傾聴を通じて、相談者が何を相談したくて来談したのか、相談者の周りでどんなことが起きているのか、などを把握していきます。

ここで、注意しなければいけないのは、まだ細部に入って行かないことです。あくまでも概要を捉える、概要をとらえながら、本当の問題はどこにあるのかとアタリをつける、といったイメージです。

次の5分は、このアタリをつけた部分について一歩踏み込んで確認してみます。そして、自己理解や仕事理解についてどの程度出来ているのか、その他不足していることはないか、などを確認します。

最後の5分は、(ここが従来のCDA試験と違ってくるところですが)相談者がご相談したいことについて、何を目標にしてこれから手を打って行くのか、その点の提案を行うことになります。

ただ単に目標を提案しても上手く行かないかもしれません。ちょっとしたコツが必要になってきます。このへんがキャリコン試験のポイントかもしれません。

また、キャリアコンサルタントとしては専門性が問われますので、続く方策の提案についても説得力あるものになっていなければいけません。そうした意味で、キャリア理論を活用できるようにしておくといいですね。

このような流れで面接試験ができたら合格点がもらえるのではないかと思います。合格の為の基礎・基本・対策は『レジュメ』にまとめましたが、各種講座を進めながら、個別のロープレを拝見しながらいろいろコメントさせて頂いております。

宜しければ、『レジュメ』をご一読頂いた上で、各種講座をお受け頂ければと思います。

是非一度、「キャリコン実践研究会のHP」及び「Facebook頁」をお訪ねいただければと思います。

(お断り)本内容は合格を保証したり、唯一の答を示すものではありません。ご活用いただく場合にはご自身の判断でお願い致します。
プロフィール
キャリコン実践研究会のブログです。皆様と一緒に学びながら、気づいたことを立石が綴っていきます。
ギャラリー
  • ニュートラルゾーン
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 第4回キャリコン試験に向けて
  • 自己一致
  • 「見晴らし台」にいるということ(第2回結果発表)
  • 第3回用「テキスト」(改訂版)
  • 面接の後で
  • JCDAと協議会
  • もうすぐ試験・・・
お問合せ
「お問合せ」ついては、上記リンク集から「キャリコン実践研究会お問合せ」にアクセスしてください。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード