論述試験が終わり、面接試験が迫ってきました。論述試験は面接試験とセットになって実技試験を構成していますので、両者の間には当然のことながら関連性が見て取れます。そうした観点から、最後の仕上げとして面接試験対策を考えてみたいと思います。

まずは、先に行われる日本キャリア開発協会(JCDA)試験から。

「新しい上司から細かいところまで指示されるのでやる気を無くした」というお話です。さて、キャリコンとしての対応ですが、どうしますか?

ひとつは、「そうか、細かく指示をする上司が問題なんだ」と表面的・短絡的にに事象を捉えてしまう危険な対応です。そして、その問題を解決しようと転職の提案までしちゃったら、完全にアウトですね。まあ、転職まで考える人は少ないと思いますが、早い段階から解決を図ろう、話を進めようとする対応は時々見られますので注意してください。

この対応は、一般的価値観による対応、事象を鵜呑みにした対応とも言えます。では、こうした事象を疑ってかかることが適切か?というと、それもまた危険です。(このへんが難しいところです。)なぜならば、それはとても大切な「受容・共感」に反した対応になってしまうからです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

まず、基本的な人間理解として、「ひとには『固有』の価値観がある」という点を押さえておきましょう。(一般的価値観で解釈・評価してしまっては相談者理解はできないということになります。)

「(相談者の)固有の価値観」は、キャリコンがいくら考えても分かりません。そして、とても大事なことですが、「自分の固有の価値観」は当たり前すぎて本人の意識からも薄れていることが多々あります。(ですから、キャリコンが必要とされるんですね。)

キャリコンが行うことは、「相談者固有の価値観は私には分かりませんので教えてください」というスタンスに立って、まず相談者を「受け入れる」こと、受容です。そして、「相談者の立場」に立って共感することです。そうすることによって信頼関係が築かれ、相談者は心を開いて、自分を語る(自己探索)ことができる。そこに「気づき」が生まれ、自己成長につながるという流れです。相談者の価値観を「キャリコン自身の価値観」で疑い、質問で解明しようとするアプローチでは返って相談者の心を閉ざしてしまいます。

「正しいキャリコンの価値観」は前述の「ひとには『固有』の価値観がある」という価値観です。従って、「細かいところまで指示されるのでやる気を無くした」とのお話を受け、「細かい指示についてやる気を無くしたのは何か背景があるんだろうな、どうして、そう思ったんだろう。」と「問い」を抱くことが重要です。

そして、その問いをすぐに質問して解明しようとするのではなく、(相談者のお話に沿って傾聴を優先させ)「問いを持ち続ける」ことが大切です。と言うのも、ご本人にとっては当たり前のことですから、急に質問されても(話し足りないことがあった場合には)説明し難いことがあるんですね。

従って、賢いキャリコンは話しやすい場づくり、話しやすい応答を心がけていきます。つまり、話しやすいテーマを選んでいく訳ですね。まずは現時点の事象・状況をお話しいただき、その中から感じ取った、あるいは語られた『感情』を手掛かりにしていく。そうすれば、例えば「やる気を無くした」心情から「悲しくなった」変化が浮き彫りになってくる。まさに、相談者に寄り添ったアプローチです。

こしたリアルな感情が見えてきたら、それは相談者の気がかりを示していることになりますので、そこに横たわる相談者の考え・価値観を明らかにしていきます。現在の考え・価値観は一朝一夕にできたものではなく、過去の『経験』にルーツがありますので、この段階で初めて、現在から過去に話題が変わっていくんですね。この順序がとても重要です。「テキスト」にも書きましたが、あくまでも現在(今・ここ)が起点になって、過去に行き、そしてまた現在に戻ってくるという流れです。最初から過去に行ってしまっては気づきにつながりませんので注意してください。

この様な対応をしていくと、やっと「上司の指示」に対する『ものの見方』にどうやらポイントがありそうだなという見立てが出来てきます。キャリコンの勘で抱いた「問い」に光が見えてきた感じですね。ここまで来たら・・・、後は、この「ものの見方」つまり、「認知」について解きほぐしていくことになります。

以上、論述試験をベースにして面接の流れをおさらいしてみました。但し、紙面では伝えきれないことがたくさんありますので、前記「テキスト」や「ロープレ演習」でのコメントを参考にしてください。とは言うものの「やり方」はいろいろありますので、ご自身が納得、理解した上で面談を進めてください。試験官が見ているのは受講生のそうした姿勢だと思います。試験対策の王道は”真の理解”です。頑張ってください。

次回、2/2は、キャリアコンサルティング協議会の論述問題から面接試験を振り返ってみたいと思います。

(ご参考)
キャリコン実践研究会』(ホームページ)