キャリアコンサルタント試験で気になるのは、まず学科試験。合格基準が70%ですからハードルも高く感じてしまいます。ですが、学科試験は知識や記憶の試験ですし、多くの方が慣れ親しんできた試験形式ですので、頑張れば頑張っただけ点数に繋がると思います。

さて、厄介なのは実技試験ですね。まず、「論述試験」ですが、ポイントは時間内に、事例(逐語)を分析し、自分の文章で解答を記載する、という点あります。この中で最も重要なのが、やはり”時間内に”というところでしょう。

つまり、時間をかければどなたでもある程度の解答は書ける。しかしながら、それを決められた時間内にやらなければいけないので難しい。

では、どうしたらいいか? 一つには「分析力」ですね。分析をするには「基準」が必要ですが、基準はキャリアコンサルティングに関する知識・理解です。厚労省のマニュアルや各種キャリア理論、キャリアコンサルティング理論が参考になります。

次に「文章力」です。分析が出来ても文章が書けないと得点に繋がらない。解答案にコメントをさせて頂く時も「分かっているのに表現が・・・残念!」ということが多々あります。これを一からやると、時間がかかってしまいますので、キャリコン実践研究会では要点をテキストにまとめ、「総合対策コースB」でご説明もしています。

もうひとつご心配として「口頭試問」が挙げられるのではないかと思います。口頭試問については殆ど資料が見当たりませんね。ポイントは、これも「分析力」というか「振り返り力」と「説明力」ですね。

自分で行ったロープレについて如何に客観的に事例分析が出来、キャリコンとしての自己分析ができるか、それを文章では無く、口述で説明出来るかとなります。この点でも「答え方」が重要ですので、テキストにまとめ、「総合対策コースB」のメニューにしています。

最後は「ロープレ」ですね。これも論述対策の理解をベースに、まずは前段の応答、つまり「伝え返し」をしっかり身に付け、確実に信頼関係を築くことが重要です。そして、いくつかのチェックポイントをクリアできればロープレで失敗は無いと思います。

実技試験は、論述、ロープレ、口頭試問の合計点で決まります。つまり、3つが繋がっているということですね。こうした出題意図を勘案して効率的な準備をされるとよろしいかと思います。


(キャリコン実践研究会のご案内=宣伝です)
〔 総合対策コースB 〕
開催日:2019年10月20日(日)12:10~16:20
開催場所:都内新宿区(お申込後詳細をご案内します)
参加費:20,000円(税込/事前お振込)
講座内容 ①論述対策説明(テキスト付)
     ②口頭試問練習(テキスト付)
     ③ロープレ練習
お申込は→「こちら

実技試験に必要な論述、口頭試問、ロープレを半日で対策するハイブリッド講座です。準備がまだ不十分だなとお思いの方は是非ご受講下さい。最終チェックにもよろしいかと思います。課題が見つかっても、まだ十分に対策する時間はあります。ご希望の方には論述解答のコメントもさせて頂きます。
よろしければご検討下さい。

尚、遠隔地の方やご都合がつかない方には「テキスト」のみのお申込も受け付けていますので、ご利用ください。
「テキスト」のお申込は→「こちら

段々試験日が近づいてきましたが、焦らず、悔いの無いご準備をしていただければと思います。

HP:「
キャリコン実践研究会