もういいでしょう。

最終講座を前に皆さんに申し上げていることは、これだけです。

ここまで、皆さんなりに研鑚を積んできました。ご自身の癖も分かってきたと思います。また15分間の流れもある程度イメージ出来、やらなければいけないこと、やってはいけないことも分かっていると思います。

さあ、最後の準備です。

それは、頭に入れたことを忘れること。そして、頭の中を空っぽにすること。それが一番大事です。

今日、明日は、全て忘れ、睡眠をしっかり。体調だけに集中してください。


本試験では何が起きるか分かりません。

それを、ああやってこうやってと考えると、”抵抗”が起きます。それが面談を難しくするんですね。

どんなお話になっても受け入れる、無条件の受容です。受け入れたら伝え返す。あれこれ言い換えず、相談者の言葉を丁寧に使いましょう。

ひとのこころが相手ですから100点なんてあり得ません。60点取れれば十分で、そんなゆとりが柔軟性を生み、相談者を受け入れることが可能になってきます。


「配偶者が良い返事をしてくれない」こんなご相談が有ったら、どうすれば良い返事してもらえるか、と問題解決に向かわないでくださいね。

大事なのは、「どうして配偶者が良い返事をしてくれないと思っているのか」です。引き出そうとしたら余計引っこんでしまいますよ。

温かい気持ちで受け入れ、ご本人にどうしてそう思っているのかを気づいてもらいましょう。そうすれば、相談者が自分で解決できますよ。きっと。

キャリアコンサルタントは問題を解決するのではなく、視点を提供するだけで十分なんですね。

では、
がんばりすぎないでくださいね。